記事の詳細

人はいつ死ぬか分かりませんから、もし親の家で遺品整理を行うことになった場合には、自分の心を整理するという考えで片付けを行いましょう。

近年では、遺品整理業者に片付けを任せることもできますが、自分自身が後悔しないためにも、親とコミュニケーションをとりながら整理整頓をしていきましょう。

物には人の心が宿ると言われていますが、親の家には親の思い出や歩んできた人生がたっぷり詰まっていますから、「使っていないから捨てちゃおう」などとは言わずに人との絆を大切にしましょう。

遺品整理では、要る物要らない物で判断するのではなく、「将来使うか使わないか」「思い出が詰まっているかいないか」で断捨離しながら整理していきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る