記事の詳細

デジタル社会になり、家の中にある物だけでなくデジタルのデータも遺品として関係していますので、デジタル遺品の問題とそれを防ぐための対策についてご紹介いたします。

近年では、クラウドなどに写真や動画を保存していたり、お金に関する情報やSNSなどのアカウントも大切な情報ですし、いつ何が起こるかも分かりませんから、家族が困らないためにも早めに生前整理しておくことが大切なのです。

お金に関する情報は、家族が資産を引き継ぐためにも残しておくことが大切ですから、まずはデジタル遺品でやるべきことのリストを作って、伝える手段を考えたり、データの復元業者を選んだり、家族にどう継承するか考えておく必要がありますよ。

毎月定額で利用している物がある人や、連絡先をスマホやパソコンに保存しているなら早めに対策を考えましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る