記事の詳細

お風呂の掃除は、こびり付いたカビなどの汚れを落とすのがめんどくさいと考えている方も多いかもしれませんが、今回は掃除しにくいゴムパッキン部分に生えたカビの落とし方についてご紹介いたします。

ドアのサッシ部分やゴムパッキンには、知らず知らずのうちに汚れが溜まってしまいますので、放っておくと掃除が大変になってしまいますよ。

カビ取り用の洗剤を掛けて、数時間ほど放置してから掃除しているという方もいるかもしれませんが、カビ取り用剤には殺菌と漂白効果が配合されている物が多いので、洗剤をスプレーしたらトイレットペーパーなどで湿布をして浸透させましょう。

トイレットペーパーの上に、さらにラップを付けて湿布を行うことで、より洗剤の効果を発揮させることができるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る