記事の詳細

少し前までは故人の部屋、または家の片付けは遺族の方が行なうのが普通でしたが、現代では『遺品整理士』による遺品整理も大きく注目を浴びています。
核家族化が進む事によって、中々遺族達だけでは遺品整理を行なえないという社会現象となる現代、遺品整理業者の数も増加してきており、今後20年は確実に稼げる業種とも言われているのが実情です。

現在はまだ遺品整理業についての法整備も整っていないことから、不用品を不法投棄したり高額な請求をしたりというトラブルが起こってしまう事もありますので、業者選びは慎重に行なった方が良いでしょう。
遺品整理士の有資格者がいるのは大前提とし、年数だけでなく実際の作業実績を見て選ぶと安心です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る