記事の詳細

終活を始めるとなった時に、まず最初に始めるべき事と言われているのが生前整理です。
生前整理をする事によって今までの人生を客観的に見直す事ができ、そこから行なう終活を良き終活にすることができるためです。

多くのお年寄り、特に物がまだ今ほど溢れていなかった時代を生きたお年寄りは、どうしても物を捨てるという事に消極的で、中には物を持ちすぎていると自覚が無く「片付けをする必要が無い」と考えている方も多くいらっしゃいます。
しかし歳を取ってから物を捨てて身軽になるということは、今後の生活の大きな充実感にも繋がりますので、お子様や周りの方から物を減らす事を提案する事をおすすめします。

親の生前整理を手伝うとなった時は、まずはまずは子供である自分の物から片付けを始めていき、要らない物はどんどん捨てていくようにしましょう。
そうすると親も段々とその気になってきますので、一緒に親の物も片付けていくようにします。
この時、親の物どんどん捨てるのではなく、一緒に必要かどうかを考え、出来るだけ親の意見を尊重して片付けるようにしましょう。

生前整理・遺品整理とは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る